マッサージをすること

体全体にマッサージを

関係ないでしょ?目と血の流れなんて?と、ついつい思うのですが、やはり関係性はある模様ですね。東洋医学では、人体に300異常のツボが経絡に沿って点在していて、それぞれ特定の内臓や機関につながっていると考えられているそうです。つまり、血の流れが悪いことで、結局は目の疲れなどにも関係してくるとのことなので、この部分を意識することでも、かなり変わるそうです。

 

特に、女性などは手の先や足の先が冷え性になりやすいといわれるのは、血流のあ流れが悪いと同時に鉄分が不足気味になります。生理などが大きく関係するために、出来ることなら意識をしたいものです。この部分は普段から鉄分が多く含まれているものを食べること。それから、マッサージをすることでもかなり効果が期待できると思います。

 

毎日のようにパソコンなどを使っている人などにもかなりオススメになるために、意識してマッサージを行いたいものです。両手の指先のツボを順番に刺激しておくことで、普段の栄養のある物が体全体に流れるために、目の疲れだけでなく、体全体の疲れを補うことができるために、風呂上りなど、いろんな部分に意識をしたいものです。